一番の魅力は仕事との両立

10年間、准看護師としての実務経験を積んだ人が、通信教育の二年課程で看護師の受験資格を与えられるようになりました。もちろん、准看護師から看護師を目指す人が通うのは通信教育の学校だけではなく、全日制という働きながら通うことのできる学校があります。准看護師から看護師を目指す人のための学校は、仕事との両立ができるように授業が午後だけ・午前だけという風に、曜日などによって振り分けられています。学校は、仕事をしながら学校に通えるメリットがあります。
通信教育となると、基本的には自宅での学習となりますから、スクーリングがないときは仕事の時間を減らす必要がありません。そのため、仕事に重きを置いた学習ができると言えます。しかしながら、自宅での学習となると正直なところ、一つの事柄に関しての理解力などに置いて、欠ける点が出てくる可能性もあります。今では、ネットを介しての授業などを受けることができますから、学校で授業を受けているのと大差ないのかもしれません。しかし、それでも周りにも生徒がいて目の前には先生がいてという緊張感のある中で受ける授業とは、少し異なります。内容の濃い授業を受けたいという気持ちがある人は、通信教育では少し物足りないと感じるかもしれません。
近年、通信教育を受けて看護師を目指す人はかなり多くなってきているようです。通信教育と言えども、学費は安いとは言えません。やはり、仕事の時間を減らす必要がないという部分において魅力的なのだと思います。こちらのサイト〈nurse-trainingcourse.com〉に詳しく記載されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です